チューニング(調弦)のやり方

コントラバスのチューニングのやり方も分からない人もいるかと思いますので、紹介します。

コントラバスの弦は、低い方(太い方)から見て、E→A→D→Gの順で合わせていきます。
私は、D→A→E→Gの順で合わせていきます。(なんとなく弾きやすい弦から)

チューニングするときは、チューナーの真ん中にピッタリ来ていればいいのですが、ポイントをいくつか紹介します。

1.上からではなく、下から合わせる

これはレッスンの先生に教えてもらったのですが、チューナーで合わせる時は、
音程が低い方からピッタリまで合わせていきます。

音程が高くなってしまったら、また低くして、低いところからピッタリまで合わせていきます。

これはなぜかというと、弦をゆるめて合わせるとせっかく合わせた音程が狂いやすいからですね。
弦を締めて合わせると音程が狂いにくくなります。

2.ちょうどいい弓のスピードで弾いて合わせる

ちょうどいい弓のスピードが、まずよく分からん!と言われそうですが…

早すぎても遅すぎてもダメですので、自分が一番いいと思う音でチューニングしましょう。
チューニングが狂っていると、全部の音程が狂ってしまうので、心を落ち着かせてゆっくりやりましょう。
(まぁ合奏前とかで、あんまり時間ないときもあるんだけどね)

上手な人になると、基準のAの音を聞いて、そこから全ての弦をチューニングする人もいます。
私は耳音痴なのでチューナーに頼りっぱなしですが…

チューニングが終わったら基礎練習

↑この記事にロングトーンで気をつけることをまとめたので、ぜひ読んで実践してみてください!